Logo GenDocs.ru

Поиск по сайту:  

Загрузка...

Сочинения на японском языке - файл 1.doc


Сочинения на японском языке
скачать (65.5 kb.)

Доступные файлы (1):

1.doc66kb.20.12.2011 13:02скачать

1.doc


私の住んでいる町
                           


 ハバロフスクは私が生まれたの町です。ハバロフスクはすばらしくて、

有名な町です。親切な人がハバロフスクに住んでいます。ハバロフスクの市民の生活は楽しいです。若い人も老人も音楽と映画が好きです。スポーツもします。

それで大勢の人は映画館と公園で週末を過ごします。カップルは子供と一緒に

公園でよく遊びます。幸せな人を見るとき、いつも喜びます。

 ハバロフスクは歴史の面白い町です。その町は今から150年以上も前に建てられました。市民はその町を勇敢な探検家にちなんで「ハバロフスク」と名つけました。才能のある人がその町を創立しました。Muravyev-Amurskii やYakov Dyachenkoや,Nikolay Grodekovなどはハバロフスクの進歩に寄与しました。ハバロフスクの誕生日は町の祭りで一番楽しいです。

 そのすばらしい町はよく発達しています。ハバロフスクは主要なロシアの工業センターです。ゆうだいな教会と記念像がたくさんあります。ハバロフスクの

博物館や美術館には出品物がたくさんてんじしています。それでハバロフスクは外国人観光客が多いです。

 ハバロフスクはすてきな町です。

なぜ日本語を勉強するか

                    

私はハバロフスクの日本センターに日本語を勉強しています。私が初めて日本に興味を持ったのは、学校時代の時でした。隣の女の子は日本人でした。 彼女はお母さんといっしょにハバロフスクに来ました。彼女はロシア語は少し話せて、ロシア人とよく遊びました。ある日、私は

写真を見せてもらいました。この写真を見て、私は関心した。彼女は美しい着物を身につけました。

私は学生のとき、日本語のコースを書き込みました。2003年に友達といっしょに入学試験を受けてみましたが、試験に落ちた。私はがっかりしてたまりません。2004年も、この試験を受けることにしました。まだ失敗しました。

2005年に大学を卒業して、英語の教師として働きたいと思いました。もう一度この試験を受けてみました。今度は上出来ました。今、私は四年生です。

すると私は少し日本センターで働きました。このコースは誰でも入ることができます。でも申し込者は学生なら、欠席するかもしれません。私は3回で試験に

合格しました。でもこの経験は私に教訓となりました。夢なら一生懸命やってみなければなりません。

私はいろいろな国の文化を習うのが大好きです。外国の習慣を習うにつれて、

自分の国の習慣がわかることができます。外国の文化を習うとき、言葉が一番

いい方法です。なにかうまくいくと、お土産をもらったようで、楽しくなります。

私は今英語の教師として働いております。私の学生は英語と日本語や、英語とドイツ語などを勉強しております。日本についてきじを読んで、いつも話し合います。それに私は面白い人になりたいですから、すばらしくて、頭がいい人と話はとても大切なことだと思います。このセンターがそのきかいをさしあがります。それにハバロフスクでたくさんぎょうじがおこなわれています。ハバロフスクの市民は着物ショーとかかぶきのえんぎを見ることができます。日本映画の祭りもおこなわれます。

仕事が大好きです。2005年から大学で教師としてはたらきます。去年私は私立学校で働き始めました。日本語も教えたいです。将来

日本人に英語を教えることにしました。


将来の計画

          
     私はずっと4年間英語教師として働いています。 この仕事は

とても面白いです。それに教師はやりがいのある仕事です。私は英語にたいへん興味があります。外国語の教師の視野は広くあるべきです。

     私は教師として働いて持っている感情と恐れと予想と幸せな出来事のについて話します。 大勢の人が「25歳の女の子が何でも教えません」と言います。この意見は普及しています。 しかし大学と中学校と幼稚園で働いて私がこの偏見をはかってみています。どのレッスンにも私に独特なレッスンです。 時々私は自分のレッスンを誇りをもっています。ある日私がやった仕事に満足していません。私はそのレッスンに無関心ではありません。記憶すべきレッスンがたくさんあります。 ある日レッスンを説明しながらある学生の目を見て大切なことが分かりました。 私はその顔を忘れません。 学生が私は言ったことに信じていました。。 教師はこの仕事を大切にするべきだと思います。この仕事は要求しているが、教師と医者より高潔な仕事がありません。しかし医者は 病気を治します。教師は精神を治します。

     私たちはそれぞれ自分の人命をもっています。私は教室に入るとき私の心配をわすれるべきです。しかしこの仕事だけをすることは十分ではありません。 大勢の学生(子供、ティーネージャー、大人)は教室に入るとき気を悪くしています。ある人は恋人とけんかしました。ある学生は一日中忙しかったです。教師はいい条件を作るべきだと思います。

この仕事のおかげで私はたくさんいい思い出を持っています。将来にいい専門家になりたいです。


もし百万円あったら
 「もし百万円あったらどうするか。」私は学生を何回もこの質問を尋ねました。これは今までに簡単な質問だと思いました。決心するのはとても難しいです。お金は予期していなかったと人の心を荒廃させます。人はお金を働いた報酬として得ます。でもお金は宝くじの賞金と何もかも浪費する‘ことができます。

  もしお金があったらヨットとか別荘とか車を買います。

人は慈善を行えます。親のない子供に手伝えます。でも、お金があったら、人は意思を変えます。夢にまで見た家とか最新式の車を買って欲しがります。

  この状況のについて有名なアメリカの映画はあります。ニコラスケイジーはその映画の主役でした。彼は優しい警官でした。ある日彼は宝くで一等に当たりました。彼は半分を友達にあげました。

   私は百万円あったら両親にあげます。両親と一緒に旅行したいです。もちろん私の子供の教育にお金をつかいます。

   私は孤児院に手伝いたいです。おもちゃと面白い本と漫画は子供に必要です。美しい王女と勇敢な英雄について知ることができます。幸福は小さいことに依存します。いい思い出はとても大切なことです。テレビで時々不健全な人のについて番組があります。私はいつもこの人に気の毒に思います。薬はとても高いです。もしお金があったら、その人に手伝います。

  今お金は生命に重要な役割を果たします。主要なことはお金を賢く使います。

結論として私は少なくとも何人かの人々に私のレッスンが重要だったことをこの仕事が私に多くのすばらしい時、興味深い会合を与えた、望むと言うことを望み。

この写真は前に年を取られた。 彼らの検査に渡された子供全員は夏季休暇を待っていて。 私はあなたが互いに付けられて得るそれらと学生を、一緒に長時間使う教えるとき悲しいビットので、共有するあなたの感情をだった。 私は多くの教師が私と同意することを考える。

団欒

   団欒。その単語を聞いて、何を思いつきますか。親の懐で幸せに住んでいた所でしょう。人々は 「家」にたいしていいイメージを持っています。ですからいろいろの言葉に家について諺があります。たとえば、「うちほどいいところはない」とか「My home is my castle」とか様々の格言があります。家族が心のささえだと思います。

   私にとって家は安全な場所です。人々は私を傷めるのはできない場所です。私はよそおうのは要りません。みんなは私が好きで、何でもかんべんします。家族は私を見て、たいへん嬉しいです。ですから、私は親の家が大好きです。そこで私は休むことができます。一番好きな一時は夕方です。家族はみんな家にいます。私たちは祭りを一緒に祝います。写真をとったり、美味しいケーキを食べたりします。

   もちろん家族の気持ちは必要なことです。でも、雰囲気も大切なことです。居間と台所は明るければなりません。私たちは台所をお土産で飾りました。そこに来て、気持ちは明るくなります。

   ロシアに団欒は昔から大切にしています。ロシアの伝統的な茶の時間は世界に有名です。サモワールはロシアの歓待のシンボルです。1638年にロシアの大使スタリコフはモンゴリアから茶を持って帰りました。ロシアの単語「чай」は中国のきげんがあります。その茶は高くて、海外の飲み物でした。ですから18世紀だけ人気が出ました。ロシア人は茶を飲みながら家庭の用事と取引を話し合いました。18世紀から茶は祝い事の特徴です。茶は世界に人気があります。日本人とロシア人にとってチーブレイクはべっこのことです。日本人にとって茶の時間は式典で、ロシア人にとって茶の時間は精神の時間です。昔は学校で女の子はナプキンとテーブルクロースを作って、ほこりとして、お客様に見せてあげました。いろいろなカップや茶碗や銀製のさじ、砂糖入れは芸術作品でした。

   昔は3世代は家に住んで、何でも一緒にしました。昔、女の人は家庭の天使でしたが、現代のロシアにみんなは熱心に働きます。ですから、たいていの人は家族と付き合う時間が少なくなりました。子供は学校から家に帰って、何か食べてそとに出ます。みんなは精神にぶんりしています。たいていの家族は問題をはなしないで、よそよそしい人はどうきょするような感じがします。みんなは家族ととともに過ごす時間を大切にしましょう。ひとりで住むのはたいへんです。


差別とは
差別は人権のしんがいです。この態度の理由はたくさんあります。

差別には、さまざまな種類があります。一般に知られているは社会的差別とか人種差別とか身分による差別とか女性に対する差別などです。しかし、この差別は共通の要点があります。どこでも人はほかの人に屈辱を与えます。

もっとも大変差別は子供に対して差別だと思います。多数の学校である子供はちょうろうされています。理由は何でもことができます。容姿とか癖とか成績などです。現在の世界に子供はざんこくにふるまえます。弱い子供はおうだせられています。ほかの子供はこの子をむしします。でもこのれいこくさの理由は何ですか。子供は親のひんこうをもほうするかもしれない。いでんしは原因でしょう。ぼうりょくのある映画でしょう。それはそうと大人は責任を負ういます。

このぼうりょくの結果はおそろしいです。信用の不足から自殺までです。

だから大人はこの子供に手伝うべきです。コンクールを行って、この子供をスターに変えます。

子供に人権のそんけいの意味を説明するのは大人のつとめです。子供は事故尊重があったら、いいこうみんになることができます。


Скачать файл (65.5 kb.)

Поиск по сайту:  

© gendocs.ru
При копировании укажите ссылку.
обратиться к администрации